税込8000円以上のお買い上げで送料無料

タイプで選ぶ ベッドの床板を「すのこ仕様」にしたものを「すのこベッド」と呼んでいます。
「すのこベッド」は、通気性に優れるので、高温多湿な夏が巡る日本で使うには最も適したベッドと言えるのではないでしょうか。
おしゃれなヘッドボードデザイン、機能、寝心地満点のマットレスを搭載したすのこベッドを満載!あなたのベッドライフが豊かなものになりますように応援します。

棚・コンセント付き すのこベッド

棚・照明・コンセント付き すのこベッド

シンプルデザインすのこベッド

高さが調整できるす のこベッド

折りたたみできる すのこベッド

天然木総桐 すのこベッド

北欧デザイン すのこベッド

アジアン アバカベッド

大容量収納ベッド すのこベッド

すのこ仕様フロアベッド

すのこ仕様高級レザーベッド

すのこベッド用マットレス


すのこベッドの勧め

《湿気を逃がす健康的なベッドがすのこベッド》


日本の気候風土は高温多湿の夏があるため、その季節は湿気が多く、カビやダニが発生しやすい環境といえます。
最近では昔の通気性の良い日本家屋と違い、マンションなどをはじめ高気密の家が多くなったので、これまで以上の湿気対策が必要です。
 
すのこベッドは通気性が良く、寝具の湿気をうまく逃がしてくれるので、こういった日本の気候風土や住宅事情に叶っています。
単に通気性が良いだけでなく、材料に抗菌樹脂や吸湿性の高い木材が使われていて、より湿気やカビを防ぐように工夫されています。

人は寝ている間にコップ1杯分以上の汗をかくと言われています。
コップ1杯分の水を布団の上に毎日こぼして、何日もそのままにしていたら間違いなくカビてしまいます。
特に梅雨の時期なんかは、湿気が多いためなかなか寝具中の湿気が抜けません。
そのせいで雑菌が繁殖しやすくなって不衛生なのです。
特に布団、あるいはマットレスの下が総板張りだと通気性が遮断されているためそれが顕著です。

それがベッドの仕様がすのこだったらどうでしょうか?
すのこは板と板の間に隙間を持たせているため通気性が確保されています。
通気性があれば、マットレスの中の湿気が蒸散してくれます。

コイルマットレスは厚みがあり、中が金属のコイルスプリングですから、かなり隙間があります。
人が寝起きしたり寝返りそするたびにコイルが伸び縮み、マットレス中の空気が出し入れされているのでかなりの湿気が外へ放出されています。
ですから、すのこベッドとコイルマットレスの組み合わせが湿気対策には最強です。

そういうわけで、すのこベッドはアレルギーが気になる方や寝汗の多いお子さんには、特にお勧めのベッドです。
 
また、洋室でも布団で寝たいという方は、すのこベッド(マット)を使うことで、湿気を気にすることなく快適に休むことができます。
それでもすのこマットはベッドのように下方の空間が少ないため、通気性はやや劣ります。
布団を使う場合には、毎朝布団を上げると思いますので、そういう使い方でしたら湿気が軽減するのでよいでしょう。
万年床のように敷きっぱなしは、やはりカビの心配があるので、そういう場合は、布団の下に除湿シートを敷いてあげると湿気を吸収してくれます。

また、一人暮らしの方などでお布団を干すことも少ない方は、すのこが山形にたためて、そこに布団をかけて干せるタイプのすのこベッドも多く販売されています。
お出かけ前に布団を干すことができます。室内ですから日光には当てられませんが通気性は確保されているので、
お布団の中の湿気はかなり蒸散してくれて、ふかふかで気持ち良いお布団で寝ることができます。

このように、すのこベッドは湿気対策に優れているだけでなく、現代の住宅事情や忙しいライフスタイルにも相性が良く使いやすいベッドです。
すのこの仕様や材質も色々あるので、目的にあわせて選んでくださいね。
すのこベッドを採用すると、不快な湿気を軽減できるので、毎日快適な睡眠を得られて健康に日々を送れると思います。


《湿気はカビや雑菌の温床になります!》

■カビが生育する4つの条件

  1.適度な温度があること(10~35℃前後)  
  2.栄養分があること(有機物でホコリ、チリ、あかなど)  
  3.水分がある(湿気)   
  4.酸素があること(呼吸、発酵に必要)

住居の中で発生するカビは、一般的に10℃から35℃程度の温度で生育します。
その温度は人間が快適に暮らせる温度とも一致しており、そのため、 1番目の適度な温度という条件をコントロールすることはなかなかむつかしい問題です。

また、二番目の栄養分は、有機化合物と言われるいわば自然、人工のものを問わず、すべて物質が栄養素になると考えても良いです。
典型的な例はチリ、ホコリ、あか、石けん水の残りカスなど人間が使うほとんどすべての物質、さらに廃棄物も含めて栄養源になってしまいますから、 これらを厳密にコントロールすることもなかなか出来ません。

ただ、カビは菌糸という根を付着した物質に伸ばし生育する必要があるため、ツルツルした物質にはカビは付着しにくいです。
が、サッシにつくカビのように、サッシ自体が汚れ、ホコリなどが付着するとそこにカビ菌が付着してしまいます。

■カビの菌はどこにある?

端的に言ってしまえば、カビは空気中に常に存在しています。
カビは微生物の一種で真菌と呼ばれ、実は空気中に常に存在し、私たちの周りを漂っています。 ある研究データでは、空気中1m3当たり、80個前後のカビ菌が漂っているという測定結果があります。
そしてお部屋に観葉植物を置いている方のお部屋ではその数は数倍にもなるそうです。
種は空気中を漂っているのですね。 ですからカビが生育する4つの条件が満たされれば、カビはいつでも大量発生します。
 
■カビ対策をしたつもりが大発生!とは?

対策に除湿器やエアコンを使ったが全然カビが減らない。
減らないどころか、むしろ増えてしまっような気がする・・・と思ったら、除湿器やエアコンを疑ってみましょう!
湿度を減らすことを目的に除湿器やエアコンを使う方も多いと思います。
ところがあまりにも古い除湿器やエアコンは危険が伴います。
というのは、家庭用除湿機には、デシカント式(ゼオライト式・コンデンス式)・コンプレッサー式・ハイブリッド式がありますが ただ、方式が違っても内部で結露を発生させて除湿を行っているのは同じです。

除湿器やエアコンの内部に大きなアルミフィンがあります。
このアルミフィンは、エアコンの中に見えるアルミフィンと同じようなもので、簡単にお掃除が出来ません。
掃除がほぼ出来ない様な場所にあるのですが、結露を発生させているので常時湿った状態です。
その為にアルミフィンにカビが生えやすいのです。

アルミフィンはカビの温床にもってこいなのです。
アルミフィンにカビが発生すると、フィンの間を通った空気が室内に放出されるので空気と一緒にカビの胞子も室内に放出されてしまう事になります。

ですから、外部の空気中のカビの量よりかえって増えてしまいます。
これは、エアコン(特に冷房)でも同じでことです。
ですからエアコンなどは数年に一回ぐらい、業者さんの徹底的なお掃除をすることをお勧めします。

また除湿器やエアコンの使い始めに、カビ臭かったら要注意です。
タンク、フィルターはもとより、内部のファン、フィンがカビています。
内部はカバーを外しブラシ等でこそぎ落とす必要がありますが、素人ではなかなか難しいです。
自信のある方はあくまでも自己責任でやってくださいね。

カビはアレルギーの発生源でもあり、本当に撲滅したいものですね。
チェストベッドや収納ベッドがカビる方は、この4つの条件を減らすことが肝要です。
日本は高温多湿の夏が必ず巡ってきます。
梅雨時に「洗濯物を部屋で干す」なんて言うのは絶対に厳禁です。
結論を言えば、カビ対策は徹底的な湿気対策は必要ということです。

 ですから、日本で使うベッドはすのこベッドが最適です!!

《すのこの材質》
■檜
すのこベッドの代表的な素材の一つである、檜(ひのき)は、日本では建材としても最高品質のものとされています。
伊勢神宮の20年毎に行われる(建て替える)式年遷宮には厳選された檜(ひのき)が使用されます。

檜(ひのき)が建物の最高木材と謳われるのは時が立つほど強度を増してくる木材だからです。
他にも虫を寄せ付けない檜オイルを出し続けているなどの特徴の有しています。

正しく使われた檜(ひのき)の建築には1000年を超える寿命を保つものがあります。
昔から建造物の耐用年数を例えるのにコンクリート30年、レンガは100年、そして木は1000年と言われています。
日本では一番古い建物は木造なのです。
ただし高温多湿である日本では腐りが一番敵ですが、腐らない対策を施された木造建築はまさに1000年持つのです。

檜(ひのき)は杉と同様に、とても柔らかくて加工しやすいという特徴があります。
また強度が高く、防腐性や虫食いに強いという特徴もあるため、昔から家の建築木材として使われてきました。

檜(ひのき)風呂に代表されるように、檜(ひのき)は水にも強いですが、オイルを出し続けるため、
リラックス効果がある檜(ひのき)独特の香りを好む方も多いのではないでしょうか。

もちろん湿度にも強いため、すのこベッドの材質には非常に適していると言えます。
檜(ひのき)すのこベッドは、ベッドの材質にこだわりたい方におすすめの木材です。

買う側から見れば、桧の短所は上等品は高価です(逆に高級感有り)
乾燥品は端などに釘打ちする場合割れ易い(下穴開ければ問題なし)
長所は油質が強く腐れには強い木肌が硬く光沢が出るなどが上げられます。

スノコの場合は杉より桧の方が断然良いです。が高価な事により杉材のほうが多く出回っているのが現状です。
檜は水に強いので、屋外や浴室で使うすのこにも適した木材なのですす。
 

■杉
すのこベッドの代表的な素材の一つである、杉(スギ)の名の由来は、真直ぐの木「直木」から来ていると言われています。
今や杉は花粉症の代名詞のように言われていますが、戦後山林育成に杉を多植したために起きた結果でしょう。
杉はわりと成長が早く、早くお金になると予想されため日本中至る山林が過ぎに覆われているのはそのためです。
ところがグローバル経済になると、世界中からやすい木材がは輸入され、日本の杉は初期の経済構想から大きくはみ出してしまってこんにちを迎えています。

しかし、杉は割裂性がよいため、角材から板材までを作ることができます。従って、古来より重要な木材として重宝されてきました。
なんとか国産の杉で家屋や家具が満たされる日が来ることを願うばかりです。

杉材は木目が真っ直ぐで、空気をたくさん含むため断熱性に優れ、住宅用建築材として広く用いられてきました。
また、細胞と細胞の間にたくさんの水分を含むことができるため、湿気を調整する機能にも優れています。

そのため、杉すのこベッドはベッドの木材としても非常に適していると言えます。
杉の短所は柔らかいので傷が付き易いということもありますが、それを云うなら桐などはとても耐えられません。
その桐でも珍重されるベッドのすのこでは、お釣りが来るくらいの強度があり十二分に通用する木材です。

赤身(芯材)、白身(端材)が有ります、白身(しらた)の部分は腐り易いです(SPF材より耐久性有り)
赤い部分は硬く水に強いので家屋の骨組材に利用されます。白い部分は水に弱いので、屋内で水掛かりしない場所に使われます。
杉の長所は材質が良い割りに安価なことです。
そして、柔らかいので加工がしやすいことも特徴です。
 
■桐
特徴(1)「とても軽い」ことです。
木材の中では一番軽い木が桐です。
力のない女性でも組み立てや移動が深くて気楽です。

特徴(2)「熱伝導率が低い」こと。
熱伝導率が低いというのは、要するに熱が伝わりづらいということです。
昔から火事のときに桐タンスは黒焦げになったが、中の着物は無事だったという話が語り継がれています。
外側が炭化しても中間で熱が伝わりづらいからです。
金庫の内部を桐材を使うのは熱伝導率が低いためもしもの時に生身を守るためと湿気結露を防ぐためです。
高級美術品を治める箱もこのような理由で用いれられています。
熱が伝わりづらいということは、冬は冷たくならず、夏は熱くならないということなので桐材は人に優しい木材なのです。

特徴(3)虫を寄せ付けない。
また桐材はタンニンを多く含むため防虫効果もあります。
タンスや掛け軸など高級美術品の箱に用いられるのはそのためです。
桐材はお布団やマットレスが接触するベッドのすのこには適した木材なのです。

特徴(4)最大の特徴が「湿気に強い」こと。
湿度が高くなると膨張して湿気の侵入を防ぎ、乾燥すると収縮して通気性を良くします。
吸湿性が高いため、衣類の保管には最適とされる木材ですから昔から和タンスや洋服ダンスに利用されてきました。
桐は自然の調湿機能をもっているので結露をしません。触ってもサラサラし接触するものに優しい木材なのです。
(ベッドにした場合、マットレスやお布団に湿気がこもりません)


 ■パイン材(松)
パイン材は最もベッドや家具に利用されている木材の一つです。
色味や薫りも良く加工がしやすいためパイン材のすのこベッドは多いです。

パイン材とは日本でいえば、松に当たります。
ヒノキ同様香りが強く、癒しの効果があることからファンも多い木材です。

北米のマツ科(針葉樹)からとれる建材をパインと総称しています。
ヒノキ材やスギ 材と同程度の硬さで、年月がたつと白っぽい黄色から艶やかな飴色に変化するなどの 特徴があります。

パインにかぎらず建築材や家具材には比較的寒い地方の木材が適しています。
生育が遅いため年輪が細かく木目が美しく材質も丈夫なため多く利用されています。

松ですから高温にさらされるとヤニ(脂)を表面ににじみ出します。
床材や壁材などの内装材としても人気が高い木材です。

また松竹梅のトップに君臨する長寿を表す縁起のいい木材として、昔から重宝されています。
江戸期には、成長が早いため松並木が多く作られ、現在でも名所となって残っています。
また景観が良いため、白砂青松の言葉通り防砂林防風林にも利用されてきましたが、3.11の
東日本大津波において、何百キロに渡り壊滅したことは記憶に新しく哀しい現実です。

また、松くい虫被害で、多くの山林、松並木が失われつつあります。
大気汚染が関係しているとも言われますがあらゆる対策が講じられています。

パイン材のすのこベッドは、縁起のいい松材でありますし薫りもよく癒しのベッドとして最適と言えるでしょう。

パイン材は日本語では松ですが、実は沢山の種類があるのです。
日本でも松には、クロマツ、アカマツ、ゴヨウマツ、チョウセンゴヨウ、カラマツ、エゾマツ、アカエゾマツ、トドマツ・・と8種類ほどあり、アカ、カラ、エゾ、トドは木材用として利用されています。

それぞれ建材や民芸品などその素材の性質に似合った使われ方をされています。
松の木は世界のいたるところで生息しています。北米。南米、北欧、オセアニア、東南アジアといろんな場所です。
もちろん同じ松科ですが、性質はそれぞれ違います。寒いところと暑い所、成長も違えば硬さも違いますし、幹の太さも違います。

松の種類は50種類以上と言われていますが、家具用材に向いている松は数種類で
イエローパイン、ホワイトパイン、ロッジポールパイン、ポンデロッサパインなどが多いです。

それぞれ特徴や癖があります。脂つぼが多くあったり、節が抜けやすかったり、表面の色が違ったりです。
一般的に上質で最も家具用材に向いているのはポンデロッサパインであるといわれています。

現実に多くのパイン材のアンティーク家具はポンデロッサパイン材が使われています。
その理由として、色変わりが綺麗で節に粘りがある点です。比べてみると良くわかりますが、ポンデロッサパインの節は独特なものがあります。

《すのこの仕様のいろいろ》

すのこの強度には、マットレス専用のものと、布団でも使用できるものと種類があります。

一般のベッドの多くはマットレスと一緒に使うことを前提として作られて、すのこベッドでも布団が使えないものもあります。
マットレス専用は、すのこの板と板の隙間が大きく、すのこ板の厚みがないため一か所に荷重がかかると破損の恐れがあるためです。

マットレスには体の重みを適度に分散する役割があり、すのこ(床板)にかかる負担を軽減してくれるのです。
一方で布団は腰や頭などの体の重い部分の重みがそのままかかってしまう為(一点に集中してしまう為)、無理に使うと床板やフレームなどを傷めてしまうことがあります。
 
ですので、すのこベッドで布団を使いたい場合には、必ず布団使用可能の表示を確認することが大切です。
布団が使えるように作られたものなら、昔の浴室に使われたすのこのようにすのこ板の厚みが十分にあり、
すのこ板を支える桟の本数も多く強度を持たせてあるためすのこの上に立っても大丈夫なんです。

お布団とマットレス両用のすのこ板は、強度もあり、湿気やカビに強い木材を使っている場合が多いので、よりお布団に適した仕様になっています。


カートに入れる

ベッドカテゴリー

すのこベッドフロアベッド

ショート丈ベッド

収納ベッド

チェストベッド

マットレス


すのこベッド カテゴリー

サイズで選ぶ すのこベッド

シリーズで選ぶ すのこベッド

シンプルデザイン

宮付き(棚・モダンライト・コンセント付き)

宮付き(棚・コンセント付き)

収納付き すのこベッド

高さが調整できる すのこベッド

すのこ仕様・フロアベッド/ローベッド

畳ベッド

耐荷重500kg以上のすのこベッド

その他のすのこベッド

ロフトベッソファベッド/折りたたみベッド/パイプベッド

平日14::00までのご注文で即日発送

すのこ マットレスべッド 

ホテル仕様・コイルマットレス 【EVA】エヴァ

カラーで選ぶ

新着

豆知識画像

ようこそいらっしゃいませ。
「おしゃれなすのこベッド通販」にご来店ありがとうございます。
当ショッピングサイトでは、スタイリッシュで寝心地が良い「すのこベッド」を多数掲載しています。
セキュリティ対策には万全を期し、個人情報などは厳重に管理しております。
安心してお買い物が楽しめるショップです。
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」